2013年07月03日

ラジオ体操によるダイエット方法

ラジオ体操といえば学校で誰しもやったことがあるものですが、ダイエットに役立つということでまた最近注目されています。
ラジオ体操の音が聞こえてくると、何となくリズムを取ってしまう人もいるかもしれません。

ラジオ体操ダイエットは、家で気軽にできるラジオ体操を利用したダイエットです。そのためのDVDなども売り出されています。さほどきつい運動に見えないかもしれませんが、きちんと体を動かせばラジオ体操でのダイエットは可能です。

息の吸い方、吐き方にも注意し、鼻から吸って、口から吐くようにしましょう。
ラジオ体操はわずか3分間でできる体操で400以上の筋肉を動かすことのできる体操です。

ダイエット効果だけではなく肩こりの解消や四十肩の予防にも最適だといいます。体じゅうのあらゆる筋肉を無理なく使った運動をしたいならば、ラジオ体操がぴったりだといえるでしょう。

ラジオ体操はダイエットにいい運動です。ウエストのサイズダウンや、バストアップ、背中の脂肪を燃焼させる効果などがラジオ体操の動きには使われています。ラジオ体操を一式しっかりやると、呼吸を整えるのが難しいほどのきつい運動になるとされています。自宅で誰でも気軽にできる体操なので、毎日続ければかなりのダイエット効果があるのではないでしょうか。
posted by 健康 at 16:50| 五十肩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

手掌多汗症

手掌多汗症で悩まれている方は約200人に1人と言われているそうです。
「気持ち悪」と言われるのが辛いですよね。

病気、痛みなんて本当になったことがない人には解らないものです。
なってみてその人の気持ちや、どれほど痛いか、辛いかがわかります。

手汗が恥ずかしくて、恋愛に積極的になれないと言う人もいます。
どうか、完治することを願うばかりです。
手掌多汗症
posted by 健康 at 15:53| 五十肩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

酷い下痢

昨夜から酷い下痢。

下痢というより水がお尻から出る感じ。ビタミンウオーターのような色(爆)。

トイレから戻るとすぐにもよおす。

下痢は体力を奪うのに、寝られずに余計疲れる。。

何とか朝、会社に来て、無理して納品したら今度は持病の腰痛がもろ悪化。

健康が一番だ!!!

posted by 健康 at 16:10| Comment(3) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

セックス依存症

セックス依存症で苦しんでいる方がいらっしゃるのですね。知りませんでした。

人間生きてると色々な事があります。

いろいろな、それこそ様々な悩みがるものですね。

早く解決される事を願うばかりです。

posted by 健康 at 19:01| Comment(0) | 五十肩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

小顔とバストアップダイエット

この方法は現在までに、お顔の大きさでお悩みの多くの方達を
スッキリとした小顔へと導いてきた効果的な方法です!
80,000人以上の矯正実績がその証明です!!

「バストアップして好きなファッションを楽しみたい」
「自分に自信を持って素敵な恋愛だってしたい」貴女に・・・

前島式バストアップダイエットはこれだ・・・1,2,3


意味わかめの記事(爆)

posted by 健康 at 18:29| Comment(0) | 五十肩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

不妊症の治療

私の姉は治療もせずに8年目にして懐妊しました。
本当に喜んでいました。

整理がないんだと聞かされ、悩んでるよりどっちにしてもなのだからと
私が付き添い、産婦人科へ。。

お小水が出ず、やっとの思いで検査を終えると妊娠とのこと。

舞い上がり、病院代も払わず出て行こうとしたくらいです。

赤ちゃんが欲しくても出来ない人はたくさんいます。

私の友人も体外受精でやっと懐妊しました。


赤ちゃんはまだなの?・・・・・余計なお世話ですね、聞きたくない言葉です。

不妊治療を続けて行けば必ず成功します。望みを持ち、決してあきらめないでください。
posted by 健康 at 18:29| Comment(0) | 不妊症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

義父の食道癌、担当医師の所見

記憶はあいまい、記録のために書す。



食道癌は進行性で、発見が遅れることが多い癌。

食道癌に比べれば胃がんや大腸がんは軽いと言えるほど厄介な癌だと言う。

元々発見が遅れる上に、かなり進行させてしまい癌組織を大きくしてしまった。

ガン肉腫という種類かもしれない。

食道は喉の奥から胃までの長さがあり、喉から22センチの所から真ん中にキノコ雲のような、ブロッコリーのような形で塞いでいる。

長さは114mm、直径60mmの癌組織。かなりでかい。

通常食道は30mmほどで閉じているが、350ccの缶ビールのような大きさの癌ゆえ
食道が押し広げられている状態。

この状態では固形物は入っては行き辛い。

結果栄養失調。体重10キロ減。なんで早く発見できなかったか。。

父は誰かが病気になっても優しい言葉や態度は示さない。

そのかわり自分がどんなに苦しくても弱音や苦しみを訴えない。それが災いしたであろう。


癌は大きさではなく、どのくらい深いかが問題だと言う。

CT、MRIを見ると心臓の左房に浸潤が見受けられる。
浸潤とは転移とは異なり、病巣が周囲の組織を徐々に侵し広がっていく状態。

心臓に浸潤がある場合、心臓を切ることは出来ないので手術は不可能。


転移については遠隔転移とリンパ節転移がある。

MRIには肺に結節が見受けられる。転移かもしれない。


転移の場合は食道癌の手術をしても意味がない。
また浸潤のこともあり、今の段階では手術が出来るか確定できない。


食道癌の手術は時間は9時間〜10時間と長く、食道に隣接する心臓、大動脈、肺などの臓器があり、いじる場所が悪く危険。

手術死と言ったか、手術中に亡くなる確率というかデータは5%。

胃がんや大腸がんなどでは現在はほぼ0%。危険度が分かる。


治療としては手術、放射線、抗がん剤投与になると言う。

手術の場合、喉から胃までの食道を全摘出。
どうにするのか、胃を伸ばし喉で縫合すると言う。

放射線は30回照射。土日は抜かすので、一ヶ月半くらいだろう。
30回以上はしないと言う。何故ならそれ以上やると体が破壊されるらしい。


副作用が強いらしい。

私の叔父も肺がんを克服したが、相当きつかったと言っていた。

手術を選択するとしても抗がん剤は併用するとのこと。小さな転移はそれで叩けるだろう。

いずれにしてもどれを選ぶとしてもリスクは高いと言っていた先生の言葉が気にかかる。

本人や義母の前で、成功の確率や今後の生存率は聞けなかった。


同じ病院内に最先端の癌治療が始まるわけだと妻が聞いた。

重粒子線のこと。前に群大付属病院院長の石川先生の講演を聞いたことがある。


今回の担当医師は消化器外科の先生。外科の先生は切りたがるらしい。


抗がん剤の副作用としては脱毛、吐き気、倦怠感、腎臓。
特に増殖起点である脊髄がやられるらしい。癌細胞と似ているのだそうだ。

癌組織を破壊すると言うことは、同じ形式の脊髄が破壊されやすいと言うことになる。

結果、白血球の低下となり、ひどい場合無菌室に入ると言う。


最先端ではないが、先生もプロ。癌の状態、義父の状態等今の状況を総合して考えて
この方法で行きましょうということを言って欲しいが、今言わないのだそうだ。

なぜなら、訴訟が怖いため・・・・・なんだそりゃ。馬鹿が多いからなあ。。

来週もう一度家族が呼ばれることになる。


大丈夫、奇跡は起こる!!
posted by 健康 at 18:34| Comment(46) | 肺気胸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

高血圧は怖いらしい。。

高血圧は怖いらしい。。

サイレントキラーと言われる高血圧。
今まで全然気にしてなかったけれど、頭をズンズン血液が流れるおろがし出して、計りだした。

上が高い時が185、下が125・・・高い。。

脈拍が早いのが気になる。
平均で85前後。

脈拍が早い上に、血圧が高いんじゃたまったもんではないな。

塩分控えめ、適度な運動、ストレスを貯めない。。

口で言うのは簡単がけど、なかなか難しいことだ。

と言っても脳内出血、脳梗塞、心筋梗塞なんかになったら目も当てられないので節制しなければ。

運動しないで、仕事のストレスためて、タバコ吸って、深酒して,不摂生してれば当り前か・・・。

健康あってのものだね。。

年を取るとあっちもこっちもなんだかんだ出てくるね。。

やっぱり病院に行った方がいいだろうか。

一生飲み続けなくてはならなくなるが、それも仕方のないこと。
付き合って行くしかないのかもしれない。

上が120までが正常、140までが軽度、160までが中度、
180までが強度、その上は危険らしい。

下も定義があるらしいが、私の場合125なんてこともあるので怖い。
妻の上よりも高い(爆)

ポックリ行くのならまだいいが、麻痺が残り、よれよれになってしまうのだけは家族に迷惑がかかり、避けたい。
posted by 健康 at 16:44| Comment(12) | 血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

肺気胸手術の費用

肺気胸手術の費用は1月31日にドレーナ術、2月6日に手術、入院費、検査代などすべて含めて32万ほどでした。退院後請求が来たのですが見てびっくりです。
でも高額医療費の新制度を適用し最終的には146,929円。
仮にドレーナ術が2月に入ってからでしたら8万強で済んだので惜しかったです。

高額医療は月をまたぐことが出来ませんので、1月31日の検査、処置、入院費用3割負担の57,970円は適用にならなかったからです。

幸いにも生命保険に入っていたので、退院後の通院2日分も含め18万ほど給付されましたので助かりました。

私の生命保険の1日入院の支給は5,000円。
前に生命保険の更新時、新しい保険に変えようとしましたが、肺気胸が原因で審査が通りませんでしたので既存の保険の更新になり、8日間の入院という形になりましたが5日間の免責があり3日分しか出ず、15,000円。
通院が2回で6,000円。後は1月31日が50,000円、2月6日の手術が100,000円で合計171,000円?・・・18万は出たはずだけど、まあいいか。

お見舞いや生命保険の給付など30万ほどはすべて資金繰りに回りました(涙)
posted by 健康 at 16:23| Comment(4) | 肺気胸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

今までの痛かった、辛かったベスト10

・交通事故による複雑骨折&脱臼(死ぬかと思った)*救急車

・大学受験の時の痔(親切が仇になった)

・偏頭痛(恐ろしや)

・急性胃潰瘍*救急車

・花火暴発による皮膚移植までではなかったが火傷(手が焼肉状態)

・肺気胸(心臓かと思った)*救急車

・ぎっくり腰(寝返りが打てた時は感動した)

・坐骨神経痛〜ヘルニア(一日にに30秒でいい楽になりたかった)

・五十肩(自棄を起こして物をホン投げた)

・嘔吐下痢症(半日で3Kg痩せた)

それぞれにドラマがあります。。。
posted by 健康 at 16:08| Comment(0) | 五十肩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

TVで話題の、あの電子タバコ!!禁煙・節約に!【スーパーシガレット】

〜 禁煙!節約したい人にオススメ!! 〜
電子タバコは、もうご存知ですか?

見た目も、吸った感覚も本物ソックリで間違えてしまうほどのスゴイ商品!
TV・メディアで騒がれている電子タバコの中でも、特に注目され
入手困難だと言われている商品があります!

その名は【2009年度最新版のスーパーシガレット】です。
それもそのはず、この電子タバコは、さんまさんの番組で
魔裟斗さんが、さんまさんに紹介した電子タバコなんです!

禁煙!節約したい方に絶対オススメ!♪只今、送料無料キャンペーン中です!
\そしてなんと今だけ、【限定品】オシャレな携帯用ケースをプレゼント/



posted by 健康 at 18:54| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

肺気胸の手術で爆弾からの解放

肺気胸の手術を今月6日に手術せざるを得なくなりました・・・。
手術なんかしてる場合じゃない。そんな時間も金もないと言えない状況です。


11月の4日に処置した胸腔ドレナージ術。
その後何度か小さいのが火山の小噴火、地震の前触れの揺れの如く再発しましたが大事には至らず、昨年大晦日を最後に治ったかのようでしたが、今月23日に再発、
26日に開業医で確認し、様子を見て2月1日の週に確認のレントゲンを撮りに行く予定でした。

ところが、一昨日の31日、その日は土曜日ということもあり今後のことを真剣に考え、日曜日は稼ぎの構造を確立するためにはどうしたらいいかなどと一日使う予定でしたが、土曜日ということもあり気が抜けたのかやけに調子が悪いのです。

昨夜飲みすぎ、ということは毎日のことですからありますが(大汗;)おかしすぎる・・・肺だな。ああ・・あ、この症状どんどん悪くなってる・・・ちょっとまずいかも・・・。

結局開業医ではなく直接国立病院へ連絡したところ、「今すぐ来い、緊急扱いで!」と言われ、家内に送ってもらいました。

諸検査の後、呼吸器外科の先生は群大に行って不在でしたが、外科の先生曰く「今すぐ入院してください」・・・。

またそれっ?そんなひどいの?

「朝おかしくなりだして、今のこの時間ここまで肺が小さくなっているということは夕方には心臓を圧迫して強不整脈を起こし大変な事態も考えられますから!!」

前に何度もレントゲンを見ていますので私にもだいたい分かります。

「肺に穴をあけ、ドレーンを差し込み機械で強制的に脱気して癒着の様子を見ます。
2日間救急センターで過ごしその後一般病棟に移ります。来週の日曜日くらいまで入院です」

(・・・だからそんな時間ねえって!!)

「前回は装具を付けて退院できました」というと「あれは事情の上で考えて特別処置をしてくれたのです。」

「先生、いずれにしても今すぐという訳には行きませんし、家内とも相談し、仕事の段取りや資金面もありますので・・・」

「それでは1時半までに入ってください」・・・一時間もありません。「いやっ、2時にしてください」


診察の間、一度家に行き用を済ませて来るといった家内に電話を入れ事情を話しました。

家内の迎えを待つ間、頭の中はクルクルパー・・・はあ、どうしましょ。仕事は暇だけど暇でいいわけないし、本業暇なら他にやることいくらでもあるし、金のことや、資金繰り、10日・・・。休める場合じゃないでしょ、自己責任で帰ると断るか。
第一、突然言われ一週間平気で休める人なんて普通いないでしょ。

ただ、あまりにもおかしいですし、呼吸器外科の先生にまたお願いし、胸腔ドレナージ術で装具を付ければ次の日には帰れる。
ただ、呼吸器外科の先生と連絡はつくかどうか、明日は非番だと外科の先生が言っていた。
ということは月曜に処置してもらい結果が良ければ次の日に退院として、3泊4日・・・冗談じゃない、金がもったいない。先日の一泊でも4万だった・・・。

まあいいや、今日のところは言うことを聞こうと決意した後です。今まで抑え込んで来たのが出たのでしょうか、急に痛みがひどくなりました。


そもそも肺気胸がどんなものかを簡単に説明いたしますと、症状が出る人は差が高く痩せ形で若い男性に多いと言われております。先日俳優の津川雅彦さんがなったと出てましたが30年前になった古傷です。

人間には左右の肺があります。
肺の形の内部を胸腔といい、肺の細胞は普段は胸腔に密着しています。
肺の細胞は風船のようになっていて、肺気胸になる人はほとんど弱い部分、「ブラ」というものがあります。

そのブラがストレスや疲れ、気圧の変化などで破れ、空気が肺の外に漏れ出し、胸腔内にたまってしまう症状です。

程度が小さい場合は人間の治癒力により、傷口がふさがるように跳ねた部分が癒着し、風船から空気が漏れない状態になります。胸腔内に溜まっていた空気はどこへ行くかというと、自然と体内に吸収され、いずれ肺は胸腔と密着します。完治の状態です。

ただし破れが大きいと、細胞が弱っていると簡単には自然治癒できません。
どんどん胸腔内に空気が漏れ出し、胸腔は肋骨等でふさがれており膨らめませんので、結果漏れた空気の圧力により肺を圧迫し肺はどんどん委縮し肺機能がなくなり、放っておくと小さくなった肺が心臓を圧迫することになるわけです。

土曜の状態はこのちょっと手前位です。

2時に入ると呼吸器外科の先生と連絡が取れ、用が済み次第来てくれるとのこと。

この先生、呼吸器の外科のスペシャリストで高崎市には一人しかいない先生です。
その先生がわざわざ私のために来てくれるというのです。

外科の先生は「どうしますか、処置をしてしまうか?先生が来るまで待ちますか?」

「待たせてください」

「そうですね、せっかく来てくれるのだから今後のこともありますしね」・・・4時半まで待つことになりました。

その間、私と息子の二人きりになった時息子が「これっ、お守りだから。受験の時とか色々とあった時ずっとつけてたネックレス(ペンダント)。ペンダントヘッドは厄よけだから。」
他にも2点手渡してくれました・・・・・。


到着した先生にお礼を言い、今後どうするか。

私はとにかく明日帰りたい、あさってには絶対帰りたい!!と言うと、「分かりました。ただし条件があります。

短期間に大きく再発したということはドレーンを入れて処置してもほとんど無理です。
来週手術をする前提ならまた前回と同じ簡易のドレーン処置をしましょう。」


前回同様の処置。どういうことをするか知っていますし、どこでどれだけの痛みが来るか分かっていますので・・・いいんだか悪いのだか。処置後も痛かったあ。

が終わりレントゲンを見ると膨らんでないいんです。
装具からもヒューヒューと空気が漏れる音が聞こえます。・・・やな予感。とりあえず様子を見ることに・・・。


その日は救命救急センター。
廊下の突き当たりはICU、CCU。そこからは一番遠い部屋(症状の軽い人達)。
センター内は音だらけ、ナースコールの音もでかい。それもひっきりなしになっている。さすが国立の救急病院。

6人部屋で4人、全員角。間もなく症状が思わしくないのか一人の方が前の部屋に移られた。

私以外のお二人もお疲れのようで、一人の年配の方は看護師さんに睡眠薬を頼んでいる。

・・・・・音はうるさいけど、今日は寝られる!!・・・・・・・・・・・・甘かった。

9時には寝ようと疲れているが起きていました。
もうそろそろと思っていたら看護師さんが部屋に入ってきてベッドの用意・・・誰か来る?この時間だと急患?そうか、ここは救急センターだ・・・。

入って来たのは「あんちゃん」。俗に言うヤンキー。
それも私とおじいさんの間、マージャンでいうカンちゃんツモでひとメンツみたい。三人一並び。
いったいどこか痛いのという感じで元気ビンビン。なんだかんだですぐ1時間。・・・消灯。

看護師が来てそのあんちゃんに「お友達が来ています。ここは救急センターなのでご家族以外は面会できませんし、明日には退院になると思いますので帰ってくださいと言ったのですが、どうしてもというので行ってください。すぐ戻ってきてください。」

どんな軽症でも点滴はしていますので、点滴棒を持って行きました。

点滴棒ってなんであんなに転がすとうるさいのでしょう。(カラカラカラカラーッ)

30分くらい帰って来ませんでした。その後も携帯いじったりガサガサしたり、「おーコラッ、るせんだよ!!」
と言いたいけど耐えて寝ようとしたら、あんちゃんの隣のおじいさんが今度はイビキ・・・。

ウトウトしたと思ったら夜中の一時半ごろまた急患。怪我でなく病気のおじいさんのよう。うーうーうなってる。

・・・そう、ここは救命救急センター!!!


次の日朝、トイレでいきむと、ウ○チと一緒に胸の装具から”ヒュー、”。またいきむとウ○チと一緒に”ヒュー、”・・・まさに連動。

その時地震。やばいかなと思っていたらすかさず担当看護師さんが「○○さん、大丈夫ですか!!」・・・なんでここにいることが分かる?


レントゲンを撮り先生の所見。
「戻ってませんね、これまでになると何度処置しても一時肺が戻るだけ。
このまま帰したくない。外泊しないなら簡易のドレーンをはずし、常時脱気する機械に付け替えたい」

・・・返してください。会社逝っちゃう・・・。

結局、退院は認めないが自己都合による外泊、どんなことがあっても自分の責任という説明書にサインし、外泊申請書を書きました。あと一度3日の火曜には一度戻ることを前提です。


こうしてる今も体制を変えたり、腹筋に力入れたりすると、”ヒュー”というか”シュー”と出て来ます。
いろんな場面で肺に負担がかかっているのかが分かります。

肺から空気が漏れていて縮もうとする圧力と、装具から空気が出て膨らまそうとする圧力が釣り合ってる状態です。

明日11時に再入院して入院や手術のオリエンテーリング受けて、調子よければその日に出て、5日の午前中に入り検査や、今回は全身麻酔ですので麻酔科の先生と話したりするそうです。

6日の金曜日が手術日。なんならどうせやるなら早い方がいいので、今日やってもらってもいんですけど・・・。

開胸手術ではないので経過良ければ日曜か月曜には退院できます。


痛い思いして、貴重な時間と金と体力使って・・・健康が一番です。

普通のことが出来る幸せは素晴らしいです。

ひどい時なんて意識しないと呼吸出来ないんですよ、信じられますか?
寝返りなんて覚悟しないと出来ない時もあります。
今風呂に入れません。風呂なんて入れるのが当たり前ですものね。


飛行機も乗れない、ジェットコースターもやめた方がいい、カラオケはうなってはダメ、すするラーメンのようなものは控える、くしゃみも気をつける、酒、タバコもやめた方がいい、スキューバダイビングはもってのほか。

下手すれば死に至る病気、爆弾しょってるようなものだから気をつけろと言われ常に気を使っていましたが解放されます。

それにそんな状態なんだと知っている人に心配かけ迷惑なんです。

仕事の関係の幼稚園の園長先生に言われました。

「○○さんの体が一番心配だけど、仕事を出している方から言わせていただければ、急に救急車で運ばれ仕事が進まず、納期に間に合わなくなると困るしね」・・・なるほど。

大きな会社の社長ならいいけど、私は零細企業の経営者。代りがいませんから・・・。
posted by 健康 at 17:57| Comment(0) | 肺気胸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

津川雅彦さんも肺気胸

俳優で69歳の津川雅彦さんも肺気胸(自然気胸)になりましたね。
津川さんの最初の発症は30年前だそうです。
と言うことは49歳。

その時は片方の肺を手術しました。
今も出来るだけ早く手術をした方がいい状態ですが、仕事があるため時間が作れない。
あの大手術は嫌だと言っているそうですが、30年前なら間違いなく開胸手術ですから大手術だったわけです。
今は開胸の手術は少なく内視鏡でやるそうで、入院は5日くらいで済むそうですがその5日もなかなか作れません。


ニュースでは一つの肺しかないと言っていましたが、それが本当であれば考えるだけで恐ろしいです。
なぜなら一つしかない肺が気胸になったら呼吸が出来なくなってしまいます。

今の状態は
sougu.jpg
この状態でいらっしゃると思います。


肺気胸になりやすい人は痩せ型で、比較的背の高い、若い男性だと言います。
でも年配で、ぽっちゃりした女性でもなりますので油断はできません。

肺気胸とタバコの関係ですが、タバコが肺気胸になる直接的な原因ではないそうです。
でもよくないのは間違いないと先生はおっしゃっていました。

ところで先日の胸腔ドレナージ術は生命保険の手術として認められ、5万円おりました。
ちょうど手術の時にかかった費用と同じくらいですが、本当に良かったです。
posted by 健康 at 10:57| Comment(0) | 肺気胸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

五十肩とは

五十肩とは肩関節周囲炎のことです。

昔は四十肩と言われていました。
40歳代以後によく発生し、男女差はほぼなく、50歳代を中心に、60歳代、40歳代の年齢の人に多く発生します。

肩関節(肩甲上腕部)の痛みと運動障害を引き起こす病気です。
診断がはっきりわかる肩関節の病気(例えば腱板〈けんばん〉断裂、石灰沈着性腱板炎)を除く1つの症候群で、凍結肩とほぼ同じ病気だそうです。

病気の原因ははっきりしませんが、何らかの原因で肩関節を上にあげる時に肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)や腱板などの動きが障害されると骨頭の動きが制限されて痛みを生じ、関節包の縮小を起こすことが肩関節周囲炎の病態と考えられています。

要は肩の関節をを取り巻く腱や関節の変形や断裂、癒着、炎症、石灰化により、特に腕の上げ下げをする時に肩の関節が痛む疾患です。

腕が痛くて上がらない、夜熟睡が出来ないなど、日常生活に支障をおよぼしますが、筋肉の硬化が取れて行けば回復しますので、あせらないで直してください。

痛みが治まり、今まで出来なかったことができるようになると、本当に感動します。
posted by 健康 at 16:55| Comment(0) | 肺気胸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

肺気胸の胸腔ドレナージ術の続き

続き

病室に入りベッドに横になろうとするのですが麻酔が切れてきたのか痛くて横になれないのです。

家内に手伝ってもらいやっと横になれたのはいいのですが、痛いのなんの、うなりたいくらい。

先生を呼んでもらい、痛み止めをもらったのはいいのですが、薬を飲むため起き上がろうとするのですが起きられない。
何度かチャレンジしてやっと起き上がり薬を飲み、またやっとの思いで横になりました。

疲れもあったのかウトウトし30分位で目が覚めたら痛みがほとんど消えているのです。

こんなに痛み止めが聞いたのは初めてでした。

時期に夕食の時間になりましたが、そのまずさといったら「犬でも食わねんじゃないの」級。

そのあと家内が帰るのですが心細かったですね。

6人部屋で一番奥だったからまだいいのですが、それでもいびきや携帯の音、看護士さんの歩く音、11時まで病棟新設の工事の音、機械音等でほとんど寝られませんでした。

朝の食事はおいしく頂けました。

その後、レントゲンとCTを撮り、うまくいき肺機能が戻りましたので自宅入院ということで退院出来ました。

退院の時「先生、刺したとこと、背中が痛いんですけど」

先生「ああ、抜くまで痛いですよ。痛み止め飲んでくださいね」・・・・・温かいお言葉ありがと。

一週間後のまで胸に刺した器具はそのままというのが気持ち悪かったですね。風呂にも入れませんでした。

これです。水がだいぶ抜けてます。気持ちわり。sougu.jpg

普段何気ないことを出来るという事がいかに幸せであることかを実感して帰ってきました。

一日だけの入院で済みましたが、病院はすごいですね。

何がって?プロジェクトです。場所や担当ごとのプロフェッショナル。

ついでに薬もすごいと思いました。痛み止めの効くこと・・・すごい!

あと看護師さんの優しさと対応には感動しました。お世話になりました。

正に白衣の天使たち・・・・ありがとう。また会いたいけど病院はもう・・・。
posted by 健康 at 15:03| Comment(0) | 肺気胸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

五十肩は本当に痛いです。

人間どこか痛いというのは本当に辛く、やなものです。
痛い時は何をやるにしても大変ですし、心の底から笑えません。

五十肩・・・。
聞いてはいましたが、こんなに痛いとは思いませんでした。

運動もしないで、パソコンにはりついていたのも悪かったと思います。
五十肩になりやすい人の中に普段運動をしない人が多いと言うのがわかります。

五十肩

今はほとんど痛みを感じない程度まで治りましたが、当時は、前と横には肩の高さ、後ろはズボンの右後ろポケットから財布が取れず、左手で何とか取っていた状況でした。
ズボンの右のポケットに入れていたハンカチを取ろうと手を入れたら、痛くて手が抜けなくなったこともあります。

痛みが耐えられないほどになってから3か月ほどで、痛い方(私の場合現在右側)の手で、ズボンの後ろポケットの財布の出し入れが出来るようになりました。

最近ではスイスイ出し入れ出来ています。
気づかぬうちに改善されていったようです。


夜寝るのがとにかく恐ろしかったですね。
ひどい時は3週間くらいまともに寝られませんでした。
寝られないのは本当につらいです。

四六時中という程痛みをこらえているわけですから、夜は疲れて寝たいんです。
寝たいけど寝られず、やっと寝られたと思うと寝返りをしたとたん激痛で目が覚めるといった状況・・・。

仰向け、横向け、うつ伏せどんなかっこで寝ていても、痛みが襲って来て目が覚めます。
その痛さといったら、なんて表現したらいいのやら、ギューーーッ、という感じで、針を刺されてぐりぐりされているみたいでした。
湿布を貼ろうが、医者からもらった薬を2倍飲もうが全然効かなかった時期もあります。

痛さをこらえるのにうなりまくったり、やけを起こして物をほん投げたこともあります。

これだけは五十肩になった人しかわからないと思います。

五十肩は早く治る人は1ヶ月ほど、直す努力をしなかった人で3年かかった人もいます。

このブログは五十肩になった体験から何かお役に立てることがあればいいなと思っています。

痛みが取れて来て、腕が動くようになると感動しますよ。
必ず良くなりますからあせらないで、諦めないでくださいね。


今の状態は、痛みは完全に取れましたが若干動きが制限されています。運動しなければですね。
でもキャッチボールのまねごと位は出来ます。
昔ひどい時では考えられません。
普段気付かない健康のありがたさが身にしみます。
タグ:五十肩
posted by 健康 at 17:27| Comment(0) | 五十肩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

肺気胸の再発

肺気胸にまたなってしまいました。本当に厄介な病気です。

朝がた穴があいたとわかった時は、深く息を吸い込んでも肺が膨らんで来ないのが分かったので午前中は安静にしていました。

先ほど会社で少し横になるとあおむけの状態で寝てもプツプツと感じられたのです。

医者は肺の中に溜まった水が移動する音だと言っていたがそんなことはないと思います。

例えるなら火山のマグマから出てくる気体が「プクッ、プクッ」と出てくる感じで、肺の弱いところから胸腔内に空気が漏れていると思われます。

今は8割方正常になっている感じです。

医者の話では肺が小さくなりすぎると呼吸困難になり、心臓を圧迫して極度の不整脈を引き起こすこともあると言います。

突然死の6割は不整脈によるものと病院の廊下に貼ってあったポスターに書いてありました。気をつけなくては、まだしにたくないですから。
posted by 健康 at 19:05| Comment(0) | 肺気胸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

肺気胸

肺気胸をご存じでしょうか?自然気胸とも言います。
肺に穴があき空気が漏れ出し、とにかく痛く、最悪心臓を圧迫し極度の不整脈となり死に至る場合もある病気です。
5年半前東京ディズニーランドで初めてなり、救急車で浦安市民病院へ運ばれました。
ディズニーランドから救急車で運ばれたことがある人はあまりいないと思います。(自慢\(^o^)/)

その後癖になり何度か穴があいたのですが軽症でした。
今月1日に症状が出て4日あまりにもおかしいので呼吸器科へ行きレントゲンを撮った結果
完璧に悪化。と言うより積み重なっていたようです。

「こりゃひどいや、すぐに招待状書くから国立に行ってください・・・」

・・・はあ?今日ですか?これからすぐ?すぐじゃないと駄目?そんなひどいの?

まず肺が小さくなりすぎて、機能していない。
ここまでになると自然には回復はしない。
放置すると心臓を圧迫し、極度の不整脈となり死亡もありえる。
膿(うみ)などを生成し、さまざまな合併症を引き起こす。
水がたまっているのが確認できる。


その足で国立病院へ行き、救急患者指定の場所で説明を担当医師から聞き、
準備もあるだろうから3時半までに入って下さい・・・。

家内と一緒に病院に入り、説明を聞き、すかさず簡易手術。

要は肺に溜まった空気を抜くため、胸腔ドレナージ術で肺に穴をあけ、ドレーンなるものを
肋骨と肋骨の間から13センチほど入れ、強制的に空気を抜き出し、肺機能を回復させることになります。


上半身脱ぎ、横になると先生が穴をあける確認をしています。看護師さん2人も興味津々の様子。

先生「はいそれでは麻酔を打ちますね。胸の麻酔は痛いから頑張ってくださいね」

・・・確かに痛かった。

先生「次に穴をあけますよ。これまた痛いですから耐えられなかったら言ってください」

・・・耐えられた。

先生「それでは差し込みますね。長さは13センチです。これが入りますよ」

見せなくていい!!



先生「はい入りました。ちょっと起き上がってください」

痛ててて・・・。

先生「それでは咳をしてみてください」

咳をすると装着した装具から”ヒュー、ヒュー”と空気が出てくるのです・・・気持ちわり。

私「先生、これでたばこ吸ったら煙り出て来ますかね」

先生「ああ、この空気は肺の外の空気なので出てきません・・・それでは空気抜きますね、最後の方になると胸を鷲掴みされた感じになり痛くなりますので耐えられなくなったら言ってください」

終わったんじゃないのか・・・。

装着した装具にポンプのようなもの取り付け手動で抜きます。

確かに鷲掴みされた感じがあり、肺の中でブツブツ言いだしたあたりで限界。


「先生、どのくらい抜けたんですか」

「えーっと、26回だから1,300CCですね。水も抜けましたよ」

見ると血が混ざった水で気持ち悪る。

その後レントゲンを撮り、とりあえず肺が膨らんだのを確認して病室へ。

そのあとの痛みがすごかったです。    続く
posted by 健康 at 18:53| Comment(0) | 肺気胸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。